• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  学校行事

中学生遠足の解散時間について 【学校行事】 2016-05-24 16:33 UP!

中学生は、みんなケガもなく、無事に過ごしました。

 

中学生の解散時間は、17:15~20の予定です。

予定より1時間遅れます。

場所は宇山車庫です。

 

よろしくお願いします。

卒業生2名に体験談を話してもらいました。 【学校行事】 2011-03-07 10:20 UP!

 

 平成23年3月2日(水)の7時間目に総合学習の一環として,44期生(2009年卒)の井口徹也君(京都大学法学部)と狩野静香さん(徳島大学医学部)2名を招いて,大学受験の体験談を高2・高1生に対して、話してもらいました。授業や定期考査に対する取り組みでは、基本を疎かにしてはならいないという内容に,身近な先輩であるためか、講演終了後も質問や悩みの相談をするために、二人のもとへ駆けつける生徒が大勢いました。先輩二人も時間の許す限り、後輩に熱心にアドバイスをしていました。ありがとうございます。在校生それぞれの今後の受験勉強に活かしてもらえることを願っています。

 

中学校入学試験の合格者が登校しました。 【学校行事】 2011-02-22 13:11 UP!

 

 2月19日(土)に、中学校入学試験の合格者が登校しました。第52期生として、4月から柳学園の生徒となる予定の45名は、本学園での生活の心得や、各教科に対する勉強のしかたなどを緊張した面持ちで聞いた後、早速入学までの宿題を手にしました。
 その後、制服・体操服・靴といった制定品の採寸及び販売が行なわれました。尚、来年度第52期生より新しい制服が採用されます。

 

 2月1日(火)、総合学習の一環として,スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)の長老・アルボムッレ・スマナサーラ氏が、中学生を対象に「わたしの将来~生きる道を決める方法~」という演題で講演しました。

 NHKテレビ「こころの時代」などでもおなじみの長老は、人は死ぬという現実以外の将来は見通すことはできないが,日々自分の役割をしっかりやり、明るく,人を慈しむことで、自分の能力や将来の姿がみえるようになると説かれました。

 
 

  平成22年12月23日(木)、ジャズバンド部によるクリスマスコンサートが洲本市文化体育館文化ホールで開かれ、一年の成果をジャズの名曲やクリスマス曲で披露しました。ゲストのザ・サニーサイド・ジャズオーケストラの演奏では、所属するジャズバンド部OBも出演、卒業後も社会人バンドで活躍している様子を伝えてくれました。

 そして、スペシャルゲストに海老沢一博氏を迎え、さらに古谷光広氏、伊波秀進氏が加わり、観客を楽しませてくれました。また、開演前のホワイエでは、美術部、写真部、及び書道部の作品が展示され、茶華道部によるお茶席も設けられ、好評でした。
 終了後は、来場者に「歳末助け合い運動」の募金を呼びかけました。この善意は、翌日、引退メンバーにより島内3市社会福祉協議会に届けられました。

淡路人形浄瑠璃教室を行いました。 【学校行事】 2010-12-01 17:48 UP!

 
 
 

 平成22年11月29日(月)・30日(火)の総合学習の時間に、中学1年生

を対象に淡路人形浄瑠璃教室を行ないました。文化庁が行う子供のた

めの優れた舞台芸術体験事業で、講師としては、南あわじ市の淡路人

形座の方々をお迎えしました。
 生徒たちは、人形・太鼓・台詞の三班に分かれ、「戎舞」のえびす

様をもてなす場面に挑戦しました。実際に人形に触れ、また操作する

機会を得て、淡路島の伝統文化への理解がより深まりました。

 


11月12日(金)に洲本市文化体育館で行われた、洲本市小中学校連合

音楽会に中学生全員が出演しました。
混声三部合唱で「星降る町~Feel the Starry Sky~」「Let's Search

For Tomorrow」の2曲を歌いました。練習の成果が出て、とても美しい

ハーモニーでした。

46期生が卒業プレートを制作しました。 【学校行事】 2010-11-17 17:02 UP!

 

11月9日(火)の総合学習の時間に46期生が卒業プレートを制作しました。
粘土をよくこねて空気を抜き、煉瓦状の形にした後、各人が名前を刻みました。制作したプレートはこの後三田市にて窯焼され、卒業式までには第2校門付近にある先輩たちのプレートの仲間入りをすることになっています。

 

 
 

11月6日(土)に『実りの秋 第15回体験学習』を開催しました。本年度は、陶芸・科学・リース作り・そば打ち・茶華道・野球(軟式)と6つの講座を開講し、115名の児童・保護者の方々の参加がありました。本年度新たに開講した野球(軟式)の講座には、東京大学より現役の野球部員を講師に迎えました。参加者からは、「楽しく一日を過ごすことができました。」といった感想をいただきました。