トップへ戻る

1月25日の下校時刻について 【2020年度】 2021-01-20 15:59 UP!

以前より1月25日は職員研修のため、6校時終了後すぐに下校するとの旨お知らせしましたが、緊急事態宣言の関係で職員研修がなくなりましたので通常通りの下校となります。なお、放課後がんばりタイムは予定通り実施します。

2月の行事の中止について 【2020年度】 2021-01-20 13:15 UP!

緊急事態宣言が出た関係で

先日お知らせした2月の行事予定について

以下の行事は中止になりましたので

お知らせします。

 

 3日(水)連P総務部研修会

10日(水)4年生走育

 

以上です。

おもちゃランド2 【2020年度】 2021-01-20 06:56 UP!

 
 
 
2年生は生活の時間に作りたいおもちゃを決め、グループで協力しながら作りました。的当て屋さんや、カーリング、お話劇場、コリントゲームやとんとん相撲など工夫をこらした楽しいお店屋さんが並んでいました。

とても楽しい2年生と幼稚園の交流の時間でした。

2年生おもちゃランド 【2020年度】 2021-01-20 06:50 UP!

 
 
 
1月19日、2年生が幼稚園を招待しておもちゃランドを開きました。

大会議室にはそれぞれのグループが作ったおもちゃ屋さんが並びます。
看板を作って「いらっしゃい!いらっしゃい!」と声をかける2年生。幼稚園のお友だちは、行ってみたいおもちゃ屋さんにずらりと並びます。

2年生はサービス精神満点で優しく遊び方を教えていました。終わると色紙で作った景品をあげていました。

洲二小 2月の行事予定 【2020年度】 2021-01-15 08:36 UP!

保護者の皆様

 

2月の主な行事予定をお知らせします。

 

3日(水)連P総務部研修会

5日(金)授業参観

9日(火)3年生校外学習

10日(水)1日入学  4年生走育

12日(金)洲浜中学校入学説明会

 

1月15日現在の予定です。

緊急事態宣言が1月14日に出ているため、全ての行事の見直しがされています。

また、感染症の影響により予定が急に変更・中止になる場合もあります。

ご了承ください。

 

 

 

防災について考える日5 【2020年度】 2021-01-10 10:17 UP!

 
 
 
帰ってきてからしばらく体を暖めたあと、防災食を試食しました。

PTAの方々がアルファ化米とフリーズドライのお味噌汁を用意して待ってくださっていました。

6年生がお世話をしながら配り、食べました。

午後からは学習したことの振り返りをしました。

曲田山では、校長先生から26年前の阪神・淡路大震災の話を聞き、全員で黙祷を捧げました。

災害はいつなんどき起こるかわかりません。防災を考える日は学校をきっかけとし、家族でも考える日としていただき、是非おうちでももしものときの備えについて話し合っていただきたいと思います。

ご協力いただきましたPTAの皆様、参加いただきました保護者の皆様、有り難うございました。

防災について考える日4 【2020年度】 2021-01-10 10:03 UP!

 
 
 
朝からうっすらと雪が積もるような寒い寒い日でしたが、
全員で曲田山を目指しました。お休みの日ということで参加していただいた保護者の方々も一緒にのぼりました。

辻々には、職員の他PTAの方々も立っていただき、子どもたちの安全を見守ってくださいました。

防災について考える日3 【2020年度】 2021-01-10 09:57 UP!

 
 
 
地震想定の避難訓練をしたあと、大津波警報が出たとの想定で、第二次避難所である曲田山まで移動することとなりました。

ここからは洲本幼稚園の園児も一緒です。6年生が世話をしながら高いところまで歩いて避難しました。

地震の音が聞こえると、一年生も素早くヘルメットをかぶり、机のしたに体を入れました。中には椅子を自分の方へ引き寄せて身を守ろうとする児童もいました。自分で自分の命を守ろうとする行動がしっかりととれています。

防災について考える日2 【2020年度】 2021-01-10 09:50 UP!

 
 
中には防災カルタをしたり、実際に防災グッズを作ったりして体験型の学習を行っている学年もありました。

折り紙でコッブを作り、ビニール袋を入れれば、簡易コップになります。実際に作ってみると簡単でした。
新聞のスリッパなども試して作っている人もいました。

防災について考える日 【2020年度】 2021-01-10 09:41 UP!

 
 
 
1月9日、防災訓練を行う前に各クラスで防災学習に取り組みました。

社会科の防災について考える単元を学習する学年や、映像を見て津波の恐さを考える学年、「明日に生きる」の副読本をもとに学習する学年など、それぞれが毎年一度は防災について改めて考える日をもうけ、学習を積み上げています。

子どもたちは、災害が多い日本の地形について学んだり、災害からどのように身を守ればよいかなどを学んだりしました。